まずは、腐りやすいところを理解しよう

まずは、柱などの地面に近いところです。地面に接する上下30センチが最も腐りやすいところです。さらに、その頂部も水分が入りやすく腐りやすい個所です。

次に、接合部。木材と木材の接合部には狭い隙間ができるので、毛管現象で水が浸入しやすく、しかも乾燥しにくくなるので腐朽菌が発生しやすくなります。

ここが腐りやすい

当社のウッドデッキは地面に直接つけません。

当社のウッドデッキは、写真のように、土台となるコンクリート平板を設置し、金属製のアジャスターを柱に取り付けます。

このアジャスターは、微妙な水平レベルを調整する為だけでなく、木材が直接地面に接地しないようにすることで、シロアリ害や腐朽菌の発生を抑える役目をもっています。

ツカ立て写真