ウッドデッキのお手入れは、オイルステインを定期的に塗装するのが一番です。オイルステインは薬効成分が木材内部に浸透し、腐朽菌などの侵入を防ぐと共に、木材表面にはっ水性をもたらし、ウッドデッキを長持ちさせます。また、木材は、日光の紫外線で劣化し、色落ちするので、定期的な塗装は、ウッドデッキの美観保護にも効果的です。

日頃のお手入れ

木は生き物です。ウッドデッキやウッドフェンスになっても、生き続けています。
ですから、ウッドデッキやウッドフェンスが長持ちするかどうかは、お手入れの仕方で決まります。

日常のお手入れの基本は水洗い。でも毎日は大変ですよね。汚れたら、雑巾やモップなどで水洗いしてください。

それで十分です。

お手入れのポイントは「はっ水性」

木は水分を含むと、体積が膨張し、乾燥してくると、体積が縮みます。この伸縮が木材の「割れ」を引き起こし、その割れ目に水分が溜まり、腐朽が始まります。特にウッドデッキの床面のように、木材を水平に使う場合は要注意です。

木のはっ水性

そこで、当社のウッドデッキには、全てオイルステイン(商品名アリシスステイン)が塗布してあります。
ペンキのような塗膜を張る塗料ですと、木材の通気性が損なわれ、腐朽を早めてしまいます。
通気性を保ちながら、はっ水効果のあるオイルステインが、屋外で使用するウッドデッキの塗装には最も適しているのです。
でも、この効果はいつまでも続くわけでは有りません。
そこで定期的にオイルステインを使ったメンテナンスをすることで、ウッドデッキがいつまでもご利用できるようになるわけです。

ウッドデッキ用塗料(アリシスステイン)

アリシスステインは、木目の美しさを生かしながら、木を長持ちさせる、「油性アウトドア用木材保護塗料(オイルステイン)」です。色落ちしたウッドデッキをオイルステインで定期的に再塗装することで、木材が飛躍的に長持ちします。

アリシスステイン

容量:4リットル入り缶、16リットル入り缶
塗り面積:2回塗りで5~7㎡/リットル(4リットル入り缶で20~28㎡、16リットル入り缶で80~112㎡)

アリシスステインの特徴

薬効成分が木材内部深くに浸透し、腐朽菌などの浸入を防ぎます。

● 特殊樹脂とはっ水剤の配合により、優れたはっ水効果を発揮します。
● 耐候性のよい透明顔料なので、木目の美しさを生かしたカラー着色が得られます。
● 従来の塗料のように厚い塗膜を張らないので、木材の調湿作用(通気性)にも影響しません。

カラーいろいろ

あなたのお庭にぴったりの色を、豊富なカラーバリエーションの中からお選びください

下の色見本は、アリシスステインの色見本です。

アリシスステインの色見本

実際の色は、画面に表示された色と異なることがあります。また、木材の材質によっても、異なることがあります。

当社では、木材の種類や使用場所などを考慮して様々な木材保護着色料を使い分けています。
ご不明な点がある場合は当社にご連絡ください。専門員がご相談にあたらせていただきます。

ウッドデッキのお手入れ

オイルステインを塗る前に

オイルステインを塗る前に

● 塗装をする面のゴミ、油分、汚れなどをきれいにふき取ってください。
● 塗装をする面がケバだっている場合は、サンドペーパーなどできれいにして下さい。
● 他の塗料が残っている場合は、塗膜を取り除いてください。
● オイルステンが塗装されている場合は、ゴミなどを取り除くだけで結構です。

オイルステインの塗り方

オイルステインの塗り方

● 塗る前に缶をよくかき混ぜて、中身を均一にして下さい。
● アリシスステインは、薄めずにそのまま塗装してください。
● ハケまたはウエス(布)にステインを染み込ませ、ふき取るように塗布してください。
● 標準塗りは2回が原則です。1回目を塗ってから半日後に2回目を塗ってください。

ウッドデッキの塗り替え

プロのお手入れ

あなたも、古くなったウッドデッキを新品同様にリニューアルしませんか。木製品は、使いこなした年月と共に味わい深くなっていきます。適切なメンテナンスが木製品の寿命を伸ばすベストな方法です。

ウッドデッキに使用する木材は、年月により色落ち(木材の色がグレーになる)がおきます。腐朽などをおこしていないものが多く、強度的に問題が無ければ、色を塗り替えればきれいになります。

当社では、表面のサンディング(紙やすりで表面の汚れなどをこすり落とす)と、色の塗り替えをおこなっています。きれいに生まれ変わりますよ。

ご希望の方は、ぜひ御連絡ください。ウッドデッキの状態などを見させていただき、無料にて御見積させていただきます。

イペ材ウッドデッキの、色の塗り替えメンテナンス1

イペ材を使ったウッドデッキですが、経年変化のためかなり色落ちが見られます。表面のサンディングと色の塗り替えをおこないました。

イペ材ウッドデッキの、色の塗り替えメンテナンス2

塗料は、ウッドデッキを長持ちさせる木材保護着色剤(オイルステイン)を使用しています。

レッドシダー材ウッドデッキの色の塗り替えメンテナンス1

こちらのウッドデッキはレッドシダー材で施工されましたが、年月と共に写真のように色落ちが激しくなりました。

レッドシダー材ウッドデッキの色の塗り替えメンテナンス2

サンディングマシンを使って表面の汚れを落とし、その後、木材保護着色剤を塗布し、写真のように美しく再生しました。

保育園のウッドデッキを塗り替えリニューアル1

こちらは保育園の古くなったウッドデッキを、塗り替えリニューアルされました。

保育園のウッドデッキを塗り替えリニューアル2

広いウッドデッキですが、塗り替えリニューアルで、見違えるようになりました。