ウッドデッキ、ウッドフェンスのスペースウッド

スペースウッドのロゴ

TEL 042-650-5311

ウッドデッキには、使い方によって様々なタイプがあります。

手すりのないウッドデッキや、手すりのあるウッドデッキ、視線をカットした目隠しウッドデッキ、屋根の付いたウッドデッキ、下がカーポートになっているウッドデッキ、傾斜地のウッドデッキ、パーゴラと組み合わせたウッドデッキ、2階から出入りするウッドデッキなど、敷地条件やライフスタイル、使い勝手などによって様々なタイプがあります。

でも、初めにウッドデッキを設置しようと考えたとき、なにから始めたらいいのか、何をどう考えたらいいのか、わからなくなることはありませんか?

そんな時は、できるだけ多くの施工例をご覧になり、お客様のイメージを膨らませて頂くことが重要です。多くの施工写真を見て、イメージを膨らませてから、ご自身の家のウッドデッキを考えてみる。まずは、そこからスタートしませんか?

手すりのないフラットなウッドデッキ

サク・手すりを設けないフラットなウッドデッキです。
サクのない分だけ広々した感じになり、お庭との一体感が生まれるウッドデッキです。一般的な階段を設置するよりも、幅広なステップにするケースが多いです。そのステップのデザインでウッドデッキ全体の印象が大きく変わります。

エアコンの室外機を上手に隠したウッドデッキ

手すりのないフラットなウッドデッキの場合、ステップのデザインがポイントになります。

サイプレス材を使ったフラットウッドデッキ

ステップを全周まわすか、一部にだけつけるかで、印象が全く変わります。

手すり(サク)がついたウッドデッキ

手すりを付けたウッドデッキです。
手すりは、転落防止など安全性を確保のために設置するのですが、それ以上に、ウッドデッキ全体のデザインに大きく関わってきます。サクの高さや、デザインで雰囲気が大きく変わってきます。

床と手摺の色を塗り分けたウッドデッキ

こちらのウッドデッキは床面(茶色)と縦桟の手すり(白色)の色を変えました。手すりのデザインをどのタイプにするかで、ウッドデッキ全体の印象が変わります。

低めの横桟ウッドデッキ

こちらは横桟のウッドデッキですが、シンプルでとてもおしゃれなウッドデッキです。低めの横桟手すりで、ウッドデッキが広く感じられ、解放感があります。

曲線デザインのウッドデッキ

板材も角材も、元々は直線です。なのでウッドデッキは直線基調のデザインになります。ところがウッドデッキのデザインに、曲線を用いたいというお客様は意外と多くいらっしゃいます。ウッドデッキのデザインに曲線を用いると、お庭全体が柔らかい印象に生まれ変わります。

ウッドデッキの形状に合わせた曲線ウッドデッキ

バツー材をつかった曲線デザインのウッドデッキです。ウッドデッキ形状に合わせたステップデザインにしました。

ベンチ代わりになる曲線ウッドデッキ

こちらはステップを3段にしました。ステップは階段としてだけでなく、ベンチ代わりに腰をおろして庭を眺めるなど様々な楽しみ方が生まれてます。

ベランダウッドデッキ

ベランダウッドデッキとは、2階の部屋から出入りするウッドデッキのことです。
ウッドデッキの床面が2階床面になるので、周囲の視線を気にすることなく、気ままにエクステリアライフ楽しむことができます。

2階の部屋から出入りするウッドデッキ

こちらは2階の部屋から出入りするウッドデッキですが、外階段もお付けになりました。なので、お庭への出入りが大変便利ですよね。

サイプレス材を使った1・2階のウッドデッキ2

1階、2階ともにウッドデッキにした施工例です。上下の行き来は出来ませんが、それぞれのお部屋からウッドデッキに出入りできます。ウッドデッキの色をグリーンにしたので、お家の感じとよく合ってますよね。

カーポートの上をウッドデッキに!

カーポートの上をウッドデッキにしました。限られた敷地を、有効に利用しています。ウッドデッキの床面高は、2階のお部屋に合わせる場合と、段差のある敷地では、1階に合わせる場合もあります。

ウッドデッキの床面高が1階の場合

段差のある敷地で、玄関わきの駐車場スペースの上をウッドデッキにしました。ウッドデッキの床面高さは1階に合わせました。ウッドデッキの下、玄関アプローチのわきが駐車スペースです。

ウッドデッキの床面高が2階の場合

こちらのウッドデッキは床面高が、2階と同じ高さです。玄関や玄関アプローチ、カーポートの位置などを考慮して、使いやすいウッドデッキのサイズや形状を決めていきます。

屋根付きウッドデッキ

ウッドデッキの上に、雨除けの屋根を設置したタイプです。
屋根をつけることで雨水が直接木材にかからないので、ウッドデッキも長持ちします。屋根付きなので雨の日も気にならず、ウッドデッキでの楽しみが広がります。

リュクス材の屋根付きウッドデッキ1

屋根材としては透明波板樹脂やスモークアクリルなどを使用します。写真ではわかりにくいですが、こちらは透明波板樹脂材を使用しています。

エステック材の屋根付きウッドデッキ2

こちらの屋根材はスモークアクリル板を使用しています。また、樹木の為の穴を開けました。多少濡れても、木に寄り添うやさしいお施主様です。

目隠しウッドデッキ

ウッドデッキを楽しみたいけど、近隣の視線が気になる。そんなお客様にお勧めなのが、目隠しウッドデッキです。通常のウッドデッキに、目隠しフェンスを組み合わせたり、背の高いサクと組み合わせたりと手法は様々ですが、周囲からの視線がカットされるので、気ままなウッドデッキライフを楽しめます。

サイプレス材の目隠しウッドデッキ

気になる視線をカットするため、サクの高さを高くした目隠しウッドデッキです。あえて無塗装のサイプレス材を使い、ナチュラルな雰囲気を大事にしました。

周囲の視線をカットした、小さなウッドデッキ

背の高い手すりで周囲の視線をカットした、小さなウッドデッキです。小さいけれど落ち着くプライベート空間ですよね。

傾斜地ウッドデッキ

普通ではなかなか使えない変形敷地や傾斜地でも、自由生計のウッドデッキなら有効スペースに生まれ変わります。多くの場合、傾斜地に設置したウッドデッキは、眺めの良い快適なスペースになります。

傾斜地ウッドデッキ

傾斜地の土留め上にウッドデッキを設置しました。普通ならこのような変形敷地は、とても使いづらいのですが、ウッドデッキなら貴重なスペースを有効利用できます。

傾斜地ウッドデッキ

こちらもかなりの変形敷地で、しかも段差という難しい条件ですが、自由設計のウッドデッキなら写真のように、ちょっとしたお楽しみのスペースに生まれ変わります。

パーゴラをつけたウッドデッキ

パーゴラとは木製の「日よけ」のことです。直接降り注ぐ日光をさえぎり、ウッドデッキに快適な日陰を作り出します。ウッドデッキ上でより快適すごすためのアイテムですが、家屋のデザインアクセントになります。

パーゴラのある大型ウッドデッキ

パーゴラのある大型のウッドデッキです。手摺のデザインは縦桟で和風な感じです。

パーゴラのサイドパネルにアクセントを付けたウッドデッキ

広々したウッドデッキにシンプルなパーゴラが良くマッチしています。サイドの縦桟パネルは色を塗り分けて、アクセントをつけています。

ウッドデッキを引き立てるその他のアイテム

門扉や水栓、収納、照明などウッドデッキライフを充実させるアイテムはたくさんあります。ウッドデッキそのものは、あくまでもベースとなるスペースを提供するだけです。そのスペースで何をして楽しむか。そこがポイントになります。

流し台のあるウッドデッキ

バーベキューパーティなどの時に便利な、流し台も木製でおしゃれに作れます。

マリンランプのあるウッドデッキ

ウッドデッキにマリンランプ。照明をつけることで、昼間とは違う、夜の楽しみが倍増します。

ウッドデッキを施工する場合の注意点

木材が最も腐りやす場所は、柱などの地面に近いところです。地面に接する上下30センチが最も腐りやすいところです。次に、柱のてっぺんも水分が入りやすく腐りやすい個所です。

さらに、接合部。たとえば、根太と床材を重ね合わせたところです。木材と木材の重ね合わせたところには狭い隙間ができるので、毛管現象で水が浸入しやすく、しかも乾燥しにくくなるので腐朽菌が発生しやすくなります。

ここが腐りやすい

当社のウッドデッキは地面に直接つけません。

当社のウッドデッキは、写真のように、土台となるコンクリート平板を設置し、金属製のアジャスターを柱に取り付けます。

このアジャスターは、微妙な水平レベルを調整する為だけでなく、木材が直接地面に接地しないようにすることで、シロアリ害や腐朽菌の発生を抑える役目をもっています。

ツカ立て写真